車廃車手続き|車を廃車にする方法

車廃車手続きに関する書類や費用、自分で手続きをする場合等、車の廃車手続きがわかる情報サイトです。車の廃車を考えたらまずは当サイトで手順をご確認下さい。

車の廃車の手続の方法


 
96eedf6142a226feac14483e1ce931a8_s.jpg
車を廃車する方法は二つあります。
廃車というのは末梢登録と同じ意味なのですが、

廃車には永久抹消登録

一時抹消登録があります。
どちらも末梢登録にかわりはないのですが、二つには違う意味があります。
文字の通り永久に末梢する方法と一時的に抹消する方法です。


永久に末梢するということは二度とその車を使う事はないという意味です。
一時的というのは一時的にこの車を使わなくなるが、再度使う事があるかもしれないという意味になります。永久抹消登録と一時抹消登録については手続きについても少しだけ変わってくることがありますが、ほとんどが同じものになります。
そして用意するものも少しかわってくるようなのですが、自分で行う場合は必要になりますが代行手数料を支払いどこかの業者にしてもらう場合は特に確認する必要はありません。
代行で行ってくれる会社の人にすべて任せておきましょう。


 
自分でする場合は運輸局のホームページで確認をしたり電話で必要な物を問い合わせておくことにより用意しなければならないものがわかりますので調べてみるといいですね。廃車の手続を行う方法を知らない人はたくさんいらっしゃると思います。車の売買を行なっている人がほとんどだと思います。もしかしたら車が乗れなくなってしまい廃車登録を行うこともあるかもしれません。一度目を通してどのような手続きをしているのか確認しておくのも悪くはないと思います。


 

車の廃車手続きの流れ

 
d224aefc8906fa7f080630ca886b138b_s.jpg

事故を起こしてしまい動かなくなってしまった車や、災害により水没してしまって動かなくなってしまった車は売却することが出来なくなってしまいますので廃車の手続を行うようになります。廃車の手続には種類があり、永久抹消と呼ばれるものと一時抹消とよばれるものがあります。前述にあります動かない車の場合は永久抹消になります。



その手続きとしては自分ですることもできるのですがどこかの会社に代行手数料を支払い代行してもらうこともできるのです。手続きとしては運輸支局で行います。

必要な書類については印鑑証明書、所有者の委任状、車検証、ナンバープレート、手数料納付書、永久抹消登録申請書、自動車税・自動車取得税申告書になります。当日に揃えられる者もあれば、前もって用意しておかなければならないものもあります。


印鑑証明書の場合は区役所で発行するものになりますので当日までに用意をしておきましょう。
そしてナンバープレートがもし返却できない場合は理由書というものを書く必要があるようですので、わからない場合は運輸局の人に確認をするようにしましょう。費用に関しては自分で行う場合は末梢登録申請書の用紙代のみになりますので100円程度しかかからないようです。
代行手数料については会社により変わってきますので確認をするようにしましょう。
永久抹消の流れはこのような形になります。
自分で行う場合は用意するものを確認しておくようにしましょう。

事故車など動かなくなった車は廃車しかないと思っていても、
その車が売れる場合も多くあります!
廃車手続きする前に、必ずチェックすることをオススメします!!
「買取価格が意外にも高額だった!」や「廃車手続きの費用が0円だった!」
といった声が聞かれます。
ネットで簡単に車査定ができるので便利ですよ♪

catch012.png おすすめ廃車買取査定サイト catch012.png


 

事故車買取の<タウ>

rabo.gif
 

廃車ラボ


 

カービュー

事故車査定




 

車の廃車を自分ですることはできる?

 
cad42f12276cec4b1732eed3d9036c87_s.jpg
世の中にはその道のプロと呼ばれる人がいます。
なんでもそうなのですが、歌が上手い人もいれば下手な人もいます。
そしてパソコンなどの機械が得意な人もいれば機械オンチと呼ばれている機械が苦手な人もいます。誰にでも得意なことと苦手なことがあると思います。
知識についても同じです。
得意なことは知識もたくさん知っているはずですが、わからないことについては知識もほとんどありません。そんな時代行で誰か得意な人に何かをお願いすることが出来るのですが、車については代行でお願いする人が多いといわれています。



車は運転免許を持っていると購入して走ることはできますが、車の中身について、そして車の最後の姿についての知識を持っている人は少ないといわれています。
そんな中で、車の廃車は代行でお願いする人が多いと聞きます。
車の廃車は自分で行うことが出来ないのでしょうか?



車の廃車を自分ですることができるかどうかについて、答えはイエスです。
何も車について知識がない人でも全く心配いりません。ネットで調べることができたり運輸支局に電話で問い合わせができるのであれば誰でも手続きを行うことが出来ます。必要書類だけは必ず確認をしておきましょう。あとは運輸支局に必要書類を持っていくことにより手続きをすすめていくことができます。わからないことは運輸支局の人に聞くことで解決することができます。自分で行う場合はわからないまま行かずにまずは問い合わせをしてから出向くようにしましょう。



 
今の時代、道路を車がたくさん走っている光景を目にする日は多いと思います。新しい車を買う人もいれば、売却していく人もいらっしゃると思います。しかし、車は買うと売るだけではありません。車を廃車するという言葉を聞いたことはありますか?車は大きなものになりますので、どこかに捨てるということはできません。ゴミの場合は捨てるという表現をするのですが、車の場合は廃車するという風な言い方になります。では廃車とはいったいどのような手続きを行っているのでしょうか。車を廃車する場合の手続きとして、「永久抹消登録」と呼ばれるものと「一時抹消登録」と呼ばれるものがあります。そして廃車の手続きが終わってから解体をする場合は抹消登録を行ってから解体届出を出さなければなりません。廃車の手続きを始める前に一度調べておいたほうが良いといわれていることがあります。それは車を廃車しないで売却するということができるかできないかということです。例えば、事故を起こしてしまった車の場合。へこみがきつかったり、ガラスが割れてしまって形が変わっている車だったりすると売却しても車本体の値段がつかない場合があります。そんな時は、車を廃車手続きすることになってしまいますが、車本体に問題はないが車がいらなくなってしまったので廃車したいと思う場合は売却できる可能性があります。廃車をするかしないかは個人の自由になりますが売却できる場合は売却することをオススメします。廃車の手続きを行う場合は、永久抹消か一時抹消になるのですが、永久抹消の場合は廃車登録をしてしまうともとに戻すことはできないので永久とよばれています。一時抹消は自動車が盗まれてしまった場合や車の持ち主がしばらく車に乗れないという状態が続いた時に税金がかからないようにできるものです。後でもとに戻すことができる手続きということですね。廃車をする場合、絶対に車に乗らないとわかっている時以外は一時抹消にしておくことがオススメになります。手続きについては代行を行っているところがたくさんありますのでお願いする場合は近くの代行会社を探してみるといいですね。